金井式あがり症改善法実践セミナーDVD 36年間の実績と克服法

金井式あがり症改善法とは?

 

金井式あがり症教材であがり症を克服

 

人前が怖くないんです。

 

こんなに早く、

 

堂々と話せるようになるなんて...

 

 

 

 

 

ポイント金井式あがり症改善法の中身をくわしくレポートしています。

プログラムイメージ

 

金井英之

金井英之 プロフィール

 

金井英之(かないひでゆき)氏は、1935年(昭和10年)東京都世田谷区生まれ。
1959年(昭和34年)日本大学経済学部卒業。
大学時代より雄弁会に所属し、表現力と人間関係の研究を行なっています。

 

大学卒業後は、日本話し方センターにて講師活動を行い指導部長、副所長を経て
平成5年(1993年)に同センターを退所。
同年8月、卜-ク&コミュニケーションアカデミーを設立し「話し方教室」を開設します。

 

現在は、講師54名を擁し、都内、川崎など7か所で「話し方教室」を開設して、
あがり症の改善や話し方の指導を行っています。

 

また、教室以外に各企業の社員研修、商工会議所、日本青年会議所、その他各種団体で経営者セミナ一、
講演会など、日本全国で活躍されています。

 

著書に「ビジネスマンの話し方」(税務経理協会)、「心に糾く知的会話」(AA出版)、[人前でオドオドビクビクせずに話せる本](すばる舎)、3分間スビーチのコツが面白いほど身につく本」(中経出版社)、「上手な話し方が自然と身につく45の法則」(こう書房)、「ぐんぐん身につく上手な話し方」(法研)、「あがりを克服できる話し方(早稲田出版)、「人前で3分、あがらずに話せる本」「人前で話すのがラクになる本](共に、すばる舎)、「話し方ひとつで人生が変わる!」(PHP研究所)、「大阪のオバチャンは、なぜ人前でもあがらないのか?」(経済界)、「どんな人とも10秒でうちとけて話せる本る本」「どんな人とも会話がとまらず話せる本」(共に、あさ出版)などがあります。

 

金井英之氏は、日本には数少ない「話し方の指導」「あがり症改善」のプロフェッショナルです。

 

 

【あがり症改善特別セミナーDVD ダイ30ジェスト版】

*クリックすると動画と音声が流れます。音量にお気をつけ下さい。

 

 

あなたは大勢の前や他人としゃべる時にこんな悩みがありますか?

  • 人前に立つだけで嫌な汗をかく。
  •  

  • 膝が震え、全く声が出なくなる。
  •  

  • 人前に立つ前から「あがったらどうしよう・・」と不安になる。
  •  

  • 人前では頭の中が真っ白になってしまう。
  •  

  • 話をするときにやたらと口の中が乾く。
  •  

  • あがり症は一生治らないと思っている。
  •  

  • 普段でも声が出なかったり、どもったりするようになった。
  •  

  • 緊張すると自分の名前さえ言えなくなってしまう。
  •  

  • 人前で話をして恥をかいたトラウマがある。

 

人前で話す機会があり、せっかく原稿を作って丸暗記しても、
本番で頭が真っ白になって、わけがわからなくなってしまうと、
「もう二度としゃべるのはごめんだ。」という気持ちになりますよね。

 

 

メモ書き

あなたのひどいあがり症を治すためには、

あなたの上がる根本の原因を知り、
原因から治していくことが大事なんですが、
金井式あがり症改善法は、
36年間で65000人以上ものあがり症の方を、
立ち直らせることができた実績のある唯一の教材です。

 

 

金井先生によると、
世の中の人で緊張しない人は、たとえプロでもいない。
ただし、緊張したとしてもすぐに気持ちを静め、
落ち着いてスピーチを続ける方法
を知っているといいます。

 

 

もし、金井先生の進めるわずか3分間のトレーニングで、

 

たった28日間であがり症を解消できるとしたら、

 

あなたは試してみる価値はありますか?

 

 

当サイトでは、金井式あがり症改善法実践セミナーDVD 36年間の実績と克服法の口コミなどを含め、
詳しく中身をお伝えしていきます。
よろしければもう少しだけお付き合いくださいね。

 

 

無理無理...と思っていたことが簡単にできるんです。

 

 

バナー

 

 

 

金井式あがり症改善法はどんな内容ですか?

 

あなたは人前で1時間話すのと、3分話すのとどちらが難しいと思いますか?

 

実は、3分間話す方が話を簡潔にまとめなければいけないため、むずかしいのだとといいます。
つまり、3分話すことを基本に考えることで、どんどんあがりを解消していくんですね。

 

このプログラムでは「人前で3分話す」ための三つのトレーニングを行います。

① 話の材料を集める。

 

② 集めた材料で、話を組み立てる。

 

③ 本場をイメージして練習する。

あなたは、「そんな方法だったら他でも聞いた事あるよ。具体的にはどうトレーニングするの?
と疑問を持たれたかもしれませんね。

 

そこで当サイトでは著作権の範囲内で詳しくお伝えします。

 

金井式あがり症改善法実践セミナーDVDの目次

 

テキストをダイジェストでご覧ください。
特に第4章はこのプログラムの肝となりますので詳しく紹介しています。

1章

 

金井式あがり症改善法実践セミナーDVD1章と2章

 

 あがりとは、そもそもどういうことなのか?
 またあがり症が招く悪循環、日常生活への影響などが説明されています。

 

 

2章

 

 上がる原因が8つと、その理由が解説されています
 精神的理由、技術的理由、肉体的理由、話の内容的な理由、
 性格的な理由、生理的な理由、外見的な理由、場面的な理由の8つに分けられています。

3章

 

金井式あがり症改善法実践セミナーDVD3章

 人前で話すとき、
  どう準備しておけば上がらないかの方法が紹介されています。

 

 ●事前のイメージ

 

  本場をイメージしながらトレーニングを行います。
  暗記するのとは違い、イメージをすることが大切です。

 

 ●チェックリストで自己管理

 

  チェックリストは7項目作ります。

 

 ●鏡の前でのトレーニング

 

  意外だと思われるかもしれませんが、この事前準備はかなり効果が現れます。

 

 ●あがってしまった時の裏技

 

  準備を完璧に進めても、多少の緊張はします。
  そんなときの平常心の取り戻し方が解説されています。

 

チェックポイント

4章

 

 金井先生が65089人のあがり症の人を克服させた究極の方法です。この章がメインパートです。

金井式あがり症改善法実践セミナーDVD4章

 ●腹式呼吸の方法

 

  腹式呼吸が効果があることはお聞きになった方もいらっしゃると思いますが、
  具体的に”あがり”に効果のある腹式呼吸が紹介されています。

 

 ●マイペースで話せる方法

 

  ”人前に出る”ということに抵抗がある方が、どのようにしたら”気にならなくなる”に
  変えれるかが紹介されています。

 

 ●〇〇な私をイメージしてあがりをなくす

 

  金井式の上がらないための自己暗示のかけ方が紹介されています。
  即効性があり、効果はてきめんです。

 

 ●メンタルトレーニング

 

  あがりを克服するために五つのステップで取り組みます。

 

 ●カンニングシートの作り方

 

  話の流れができてしまえば、あがることもなくなります。
  マル秘のカンニング術を身につければ、平常心を維持できます。

 

 その他にも、あがらないための姿勢、本番前のストレッチ法、丹田を刺激してあがりを克服、
 シェルツ自律訓練法を使ったあがり撃退法などどれも具体的で、絵などを使って解説もされて
 いますので、大変わかりやすくなっています。

 

5章

 

 面白い話などあると「ねえねえ、知ってる?」と友達に話したくなることもありますよね。
 そういった具体的な話の種の集め方が解説されています。
 普段の生活には、いろいろなネタが転がってることに気づかされます。

6章

 

 最後は上級編です。いろいろ話のネタを集めても、まとめ方を間違うと普通の話になってしまいます。
 組み立て方を知るだけで、普通の話を”人をうならせる話”に変化させることができます。

なぜ多くの人が、金井式(教材名)で”あがり”を克服しているのか?

■ ”あがる”とはどういうこと?

 

・人前で挨拶
・会議でのプレゼンテーション
・大勢の人の前でのスピーチ

 

あがる

こんな時に心臓がバクバク、額や手のひらには汗・・・

しゃべってる途中で頭の中が真っ白に・・・
そうなっている自分にさらに緊張して・・・

 

「落ち着け、落ち着け!」
「あがったらダメだ、緊張したらダメだ!」

 

あがりの症状は増すばっかりで、完全なパニック状態・・・

 

こうした「あがり体験」は誰もが一度は経験したことがあるはずです。

 

実は、日本人の8~9割以上が人前で緊張すると言われています。
また、日本人のみならず、欧米人でも緊張することは同じようです。

 

あがり症克服協会のデータによると、
「どんな時に緊張するか」のアンケートでは

 

大勢の前でスピーチをするとき……82.2%
初対面の人に会うとき……36.5%
新しい職場や仕事をするとき……35.6%

 

となっています。

 

大勢の人の前で話すことはたいていの人間は機会も少ないので、緊張するのは当然かもしれませんが、
実は人数に関係なく緊張する人が多いのです。

 

1)人はどうして上がってしまうのか?

 

① 場慣れしていないから

 

② プレッシャーを感じるから

 

③ 準備・練習不足だから

 

「人前で緊張する」という人に、「これまで人前で何回スピーチしたことがあるか」と聞いてみると、
ほとんどない人が多いようです。

 

今まで経験がないため、「どうやってうまくやるか」「やったことがなければ緊張する」
「失敗したくない」という気持ちが無意識に働いてしまうので、緊張するんですね。

 

また、自分自身が直接評価されるとき。
たとえば、プレゼンの内容を同僚相手に予行している場合は緊張しませんが、本当の相手を目の前にすると
「これをうまくやらなければ、会社にも迷惑かけるし、自分の評価にもつながる」と、ドキドキするのは当たり前かもしれません。

 

またこの逆で、まったく準備していないのもだめですし、リハーサルをしすぎて完璧にこなそうとするあまり、自分自身でプレッシャーをかけて、緊張に押しつぶされる人もいます。

 

そこで、あがりを解消するには、上がりのタイプを特定する必要が出てきます。

 

2.「金井式」では、あがりの根本的な原因を次の3つに分けています。

 

①精神的原因・・・コンプレックス、恐怖心、情緒不安など
         例えば・・・負けず嫌い、人目を気にしすぎ、劣等感が強い、大勢の前で話すのが
         苦手、身長、体型を気にしている、初対面の人と話すのが苦手、感情的、完璧主義など

 

②肉体的原因・・・体調が万全でない時
         例えば・・・多汗症、体の調子が悪い

 

③技術的原因・・・練習や準備不足
         例えば・・・話す内容が整理されていない、話す内容が得意でない分野のもの

 

あなたの「あがり」の原因は、どのケース当てはまりますか?

 

あがりを克服

そういわれても、自己診断で見つけるのが難しい場合もありますし、

複数該当する場合もあるかもしれません。

 

この”原因の特定”こそが、金井式あがり症克服の最大のポイントです。

 

金井さんの方式は、あなたの「あがりの本当の原因」を客観的に突きとめ、
ピンポイントで解決策を行っていくプログラム。

 

つまり、「原因を特定する」ことによって無駄な時間や労力をなくし、
あなたの”あがり”を最短で克服することを目指して作られているからこそ、多くの人を成功に導いているんですね。

 

あなたのあがりを最速で改善する金井式マニュアルの内容はコチラ

金井式あがり症改善法は価値がありますか?

 

金井式あがり症改善法実践セミナーDVD 36年間の実績と克服法は、はあがり症を改善することを目的としているのはもちろんのことですが、実践するうちに、食事をしていても、テレビを見ていても、街を歩いていても・・・
いろいろな物の見方ができるようになった自分を感じることができると思います。

 

希望を持つ男性

すると、自分の中の引き出しが増え、話す材料が蓄積されていくので、人前で話す時にネタに困ることも少なくなってきます。

 

あとは、話の組み立て方は実践セミナーDVDの中でも紹介されていますので、そのトレーニングを身につけるだけで自信が湧いてくると思います。

 

それに、せっかく購入したのですから、元を取るどころか、
それ以上の価値を仕入れてやろうと思えば、
より一層楽しく実行できると思います。

 

ちなみに、管理人の場合はメモ帳を忍ばせ、気づいたことを書き取るのが、楽しみのひとつになりました。

 

最初のうちは慣れない部分もある思いますが、どんなことも最初は迷うもので、多少の努力も必要だと思います。

 

とはいっても、毎日取り組む時間は10分程度ですし、場所は関係なくいつでも実行することができます。

 

あがり症の自分と決別したいとお考えならば、
きっと、価値は見出せるとおもいます。

 

 

新しい自分になれました!

 

 

バナー